プライバシー侵害は、日常生活の中でも注意しましょう

プライバシー侵害は身近にあります

プライバシーは人にとって一番守られたい事と考えられるものです。プライバシーが一般公開された事によって仕事に打撃が受ける事もよく見られます。とりわけインターネットが普及している時代では、自分自身でも考えてもみない形で人のプライバシーの侵害が発生しないように心に留めておきたいものです。ひとつの例として自身が勤務している店舗に有名人が入店した場合ソーシャルネットワーキングサービスに記入したくなるものですが、このことはプライバシー侵害になります。

ソーシャルネットワーキングサービスでも起こります

ソーシャルネットワーキングサービスをしていると、写真を掲載する機会があります。このことによって、旅のメモリーを伝えたり、気持ちを読者に分かってもらう事ができます。しかしながら、仮に写真に第三者の顔が写っていたシチュエーションでは、ネットに掲載するのは、短絡的になります。あらためていうまでもなく、人は肖像権と言うプライバシー権が存在します。そして、無責任に写真を掲載した場合訴訟になってしまう事もあります。

プライバシーに相当するかの問題について

どういった情報そのものが、プライバシーに相当するかは困難な問題ですが、一般的に考えて、一般に内緒にしたい恋愛や家族内情報はプライバシーになりますので、侵害が生じないように頭に置いておくようにしましょう。ひとつの例として、知人からの相談をインターネット上に書いた場合、相手方を害してしまう事もあります。インターネットに対しては自分自身以外の第三者の情報そのものを書き込まないようにした方が良いでしょう。

機密とは、政治、軍事上で重要な秘密を指します。機密文書は機密が文書化されたものであり、漏えいすることで国家に不利益をもたらす可能性があります。