自分のお店を始めたい!フランチャイズの活用方法

お店を始めたいけれどノウハウがない

自分のお店を始めたいけれど仕入れや販売のノウハウがないので前に踏み出せないという人もいるかもしれませんね。そんな人にはフランチャイズ契約がおすすめです。フランチャイズ契約を結ぶと仕入れや販売のノウハウから宣伝まですべてパッケージ化して提供されます。このため、ノウハウを持っていない人でも比較的低リスクでお店を始めることが可能です。フランチャイズの種類はコンビニエンスストアや飲食店など多岐にわたるので自分の好きなお店を持つことができますよ。

ビジネス・フォーマット型フランチャイズ

フランチャイズにはいくつか種類があります。ある程度資金のある人はビジネス・フォーマット型フランチャイズがおすすめです。販売や仕入れなどのノウハウを提供してもらえますし、宣伝を本部に行ってもらうことができますよ。自己資金でお店の土地や店舗を用意する必要がありますが、その分契約の条件はゆるくなっています。もちろん土地の取得や店舗の設計・内装については、本部からアドバイスを受けることが可能なので安心です。

ターンキー型フランチャイズ

自己資金が少ないという人にはターンキー型フランチャイズがおすすめですよ。こちらのフランチャイズ契約は店舗から中の商品まですべて本部が用意するので、鍵を受け取るだけで営業を開始できるのが特徴です。開業前は研修を受けられますし、開業した後は本部のアドバイスを受けられます。ただ、契約の条件は厳しくなっている場合が多いです。年齢制限が設定されていたり、夫婦単位での契約を求められたりします。ターンキー型フランチャイズの利用にあたっては自分が契約の条件に当てはまるのか確認したほうが良いでしょう。

代理店とは取引の代理を行う店や会社のことで、個人で取引を行うよりも有利になりやすい保険や旅行などが広く知られています。