本当に経済的?!以外に知らない太陽光発電の落とし穴

太陽光発電を導入する前に

太陽光発電の導入を考えている家庭は多いでしょう。自分の家で発電できれば停電時でも安心ですし、経済的と思うからです。しかし実はそううまい具合にはいかないようなのです。そもそも電気代が浮くから導入したいという経済的な理由が動機であるなら、まずやめた方がいいでしょう。というのはまずはメンテナンス費用がかかるからです。初めに「何年で元をとれますよ」と営業の方から助言されるかもしれませんが、それはシステムがうまく作動して壊れなかった場合の話で、まずそう上手くはいかないと思った方がいいでしょう。

お住まいの地域は日照時間が長いですか?

そもそも太陽光発電を付けるのにあたって調べておいてもらいたいのが日照時間です。お住まいの地域があまり日照時間が長くないようでは、はっきり言って太陽光発電の意味がありません。一年を通じて洗濯物を外に干せるような日照時間の長い地域ならいいですが、一年のうち半分は雨とか曇りという地域ではあまり発電できません。電気代が浮くからとか、余剰電量を売ってその収入で儲けたいという経済的な理由なら、やめた方がいいでしょう。

お金よりもエコを尊重する人がやるべき

太陽光発電自体はとても優れたシステムです。ただ、日照時間の問題と資材の耐久性の問題、そして導入とメンテナンスにかかる費用という問題があるため、一般家庭への広い普及がまだ難しいのです。ただ、日本では原子力発電が疎まれているため火力発電が主流です。発電の度に大量の二酸化炭素を発生するので、各家庭で太陽光発電を導入する方が二酸化炭素排出の削減にもつながるので望ましいわけです。したがって、太陽光発電導入に適しているのは、経済的に恵まれていてエコに対する意識の高い家庭と言えるでしょう。

フォーアールエナジーとは、蓄電池や充電池を扱う会社です。これらの電池は電気自動車で利用されたリチウムイオンバッテリーを再利用し、作製されています。